🎊横浜スタッフ厳選!世界三大月刊、配信スタート!🎊

人々を魅了する…「世界三大○○」

ところでみなさん、世界三大○○というワード、ご存じですか?
地球上には、数多くの様々な建造物や作品、自然が存在しています。

例えば 有名なものだと、世界三大瀑布、三大美人や世界三大美港…
あとは世界三大がっかりなんてものもありますね(笑)

世界三大○○

世界(の少なくとも大部分)を代表するとされる3つの事物のこと。
あくまで、現状その言葉の意味として社会に流布している内容を記したものであり、具体的な数値に基づくランキングのトップ3と一致するとは限りません。

そんな有名な世界三大○○はあるのですが、それだけでは物足りない…。

我々ピースボート職員は少なからず地球一周済み!そこで!
実際に訪れたからこそわかる世界の魅力をお伝えできたらと思い、こんなシリーズを始めます!

横浜スタッフが選ぶ!世界三大○○月刊!

現在横浜ピースボートセンター(以下横浜ピーセン)には、3人のスタッフがいます。
参加したクルーズはそれぞれ異なり、訪れた国や地域も異なります。
そんな地球一周経験者が選ぶところなら間違いない!

ということで、まずは6月。元気よく行きましょう!

6月号 世界三大「思い出入出港シーン」

みなさんは「船旅」と聞いてどんな場面を想像しますか?
綺麗な海に囲まれているところ、デッキに出てバーベキューをしたり、ジャグジーに入ったり…、

海を眺めながらの読書や、星空観測などもいいですね!

ただ、魅力はそれだけではないんです。
船は常に動いているわけではありません。
各国を訪れた際には停泊し、そして参加者の方が船に戻ってきたらまた出港し、次の目的地へ向かう。

さっきまで街歩きをしたり、買い物や会話を楽しんでいた場所。
離れるときはちょっぴり寂しいような、それでいてどこかすっきりするようなそんな気分を味わう…。
そんな場面をみなさんと共有できたらと思い、各スタッフに訪れた中で最もよかった港を聞いてみました!

「ニューヨーク(米国)」(みーな)

旅も中盤、すっかりなれてきた出港風景でしたが、
NYの夜景を海側から見えるという貴重な出港だったので
とっても印象に残っています。
キラキラ光る町明かりと、反射して輝く海。心が震えるほど感動しました。
お昼の入港の際には、自由の女神も見えました。

 

「横浜港大さん橋国際客船ターミナル(日本)」(さくや)

地球一周の始まりの場所であり、
旅の終焉を迎える場所。

出発の時はドキドキワクワクな気持ちで出港。
そして帰ってくるときにはたくさんの思い出とともに帰ってくる港。
僕が地球一周したのは3年前になりますが、未だにここを訪れると当時を思い出します。

「イースター島(チリ)」(ほたる)

実は、入出港…という感じとは少し異なります。
というのも、船と港の大きさによって、港に着岸できないため、テンダーボートで移動するんです!
これがとっても楽しいです!
普段は海面から遠いところから海を見ているので、
こんなに海面が近いのは久しぶり…!と、
久々の海の濃い香りが楽しめます。

ボートでの移動が冒険心をくすぐるんですよね…!
飛行機だと近隣の国々からでも週に1便あるくらいでなかなか訪れるのが難しいイースター島。

どこか懐かしいような、それでいて神秘的な、いろんな感覚に出逢った場所でした。
ぜひ一度と言わずに何度でも訪れてみてください。

最後に

長くなりましたが、世界三大月刊、いかがでしたでしょうか!
来月7月には、港に着いた後の街歩き編を掲載予定です。

実際に訪れてみないとわからないこともあれば、感じ方もそれぞれです。
ぜひ自分の目で、耳で、あらゆる五官を通じて地球を感じてみてください♪