ついに…!核なき世界への第一歩 そして次のステップへ

こんにちは!そしてお久しぶりです!
最近、寝る前、お布団の中で丸まって温まる至福のひとときを過ごしている、ピースボートセンターよこはまの德永涼子(ほたる)です。

本日は、朗報を…

ついに、核兵器禁止条約が国際法のもとで発効することが決まりました
これまでピースボートは、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の中心運営団体として、様々な活動を行ってきました(内容はこちら)。

世界は今、核兵器のない世界への第1歩を、踏み出しました。

しかし、条約が発効されたからといって、すぐに核兵器がなくなるわけではありません。1日でも早く核兵器のない世界にするためには、まだまだ核兵器自体の非人道性や、これまで被ばくされた方々の想いを伝えていく必要があります。

世界190カ国で被爆証言会を行います~おりづるプロジェクト・オンライン

今年、新型コロナウイルスの影響を受け、被爆者の方々やユースの方々にご乗船いただき、証言をしていただくということ自体が憚られることになりました。

そこで、流行語トップテンにランクインした「オンライン」を駆使し、被爆者の方々の声を伝えることを試みることにしました。

それが「世界190カ国で被爆証言会を行います~おりづるプロジェクト・オンライン」です!

これまで世界の60か国100都市以上での被爆証言活動を行ってきた経験を生かして、実施していきます。

物理的、環境的に実施が不可能である国を除き、基本的にすべての国で被爆証言会を行うことをめざして、190カ国での実施を目標と掲げました。そのうち100カ国以上を2021年末までに実施する予定です。

そこで…

《運営スタッフを大募集中!》

(1)証言者になってくださる被爆者の方
(2)通訳や言語面でお手伝いしてくださる方
(3)諸外国で被爆証言会の受け入れ先を紹介していただける方
(4)その他の形でこのプロジェクトを支えてくださる方
を募集しています。

私も、実際に、12月8日に開催された、メキシコとエクアドルの学生のみなさんに向けた被爆証言会に運営スタッフとして参加しました!自分自身のできることを活かしながら関わることができます。

実際に被爆証言を聞いて、被爆者の方々は、「復讐」ではなく、核兵器のない世界、二度と繰り返さないために活動されている方が多いと実感しました。
そして、参加されている学生のみなさんの感想を聞くことができたり、一緒におりづるを折ってみたり…。とても貴重な機会になりました。

唯一の原子爆弾による被爆国である日本。現在、被爆者の方々の平均年齢は83歳です。被爆者の方々の被爆体験やその時の思いを鮮明に聞くことができるのは今の時代が最後になります。一緒に関わってみませんか?

 

最後に

条約発効日、2021年1月22日は、特別な日になること間違いないです!
全世界で同時多発的にいい動きがあるのでは…!と期待しています。

ピースボート 德永涼子(ほたる) 編集:金子美奈(みーな)